延長線上にある未来Part1

目標が重荷になる時

ビジネス・プライベートで「目標」を決める事場面、多くあると思います。

目標を決めると気合いが入り楽しむヒト。
目標が重荷に感じてしまうヒト。
その差は何でしょうか?

それは現状の位置の見つめ方だと思います。
「現状を見つめる事が嫌だ」
「今の状態では目標なんて遠く感じる」
そんな声をよく聞きます。
このような言葉がでるヒトは、目標を重荷に感じてしまうタイプ。

目標を楽しむためには、
現状の見方(意識)を少し変えることです

今、歩いている道は険しいかもしれません。
「全てがうまくいかない。」
「なんで思ったようにならないんだろう。」

経営の場合でいうと、
「売上が上がらない。」「人が育たない」
「キャッシュフローが苦しくてどうすればいいかわからない。」
そんな経験をしている方も少なくないとおもいます。

状況が悪いと、
目標を設定する事自体が辛いと感じてしまう事もあるかもしれません。
そんな時こそ、
いつもと違う行動を意識してください。

行動を変える。これこそが1番の方法です。
しかし、行動を変える事が実は大変なことだと思いがちです。

タイよりマスを選ぶことに意識する

まずは言葉に意識を持ってください。
たいを選ばないでください!ますを選んでください!
変えたい⇒変えます
やりたい⇒やります

この言葉一言で、意識が変わります。
そして、違う景色を見てください。

*朝起き、空を見る。外の空気を呼吸を吸ってみる。
*いつもと違う道を歩いてみる。
*自然の中で瞑想をしてみる

少しだけ、行動を変えることで見える景色が変わるはず。
その少しだけ変わった景色を記録する。
目標に近づくための最初の一歩になります。

脚下照顧(きゃっかしょうこ)

禅に脚下照顧という言葉があります。

決して未来は遠くにあるものではありません。
今(現在)の延長線上にあるものです。一気にたどり着くこともできない。
誰かが連れて行ってくれるものでもない。自分の足で自分の力で一歩ずつ進んでいくものです。

夢「目標」を具体的に持つこと。イメージすること。
それが心に一筋のヒカリをもたらしてくれます。
だからこそ!自分の足元をしっかり目を向けながら「全力」で生きましょう!

背中をそっと押すコンサルタント

ハートウイングは、あなたの現状そして「未来」への道しるべをみつけだし、
背中をそっと押すサポートを行います。

最初の一歩を、ハートウイングと進んでみませんか?

お問い合わせ heartwing@gmail.com
60分無料コンサル開催中です。

投稿者プロフィール

heartwing
heartwing
『多様性を認め合うボーダレスな社会を創ります』

SDGs(持続可能開発目標)8.10.11

◎アートマネジメント事業~Wonder heart~
・アールブリュット(障がい者アート)作品販売・レンタル
・クリエイティブツール、空間演出、制作物への活用を推進
・SDGs・CSR・CSVを軸とした企画アート活用提案
・アトリエ運営
・Wonder heart gallery展開

◎スマイルコンサルタント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください