酒と芸術

伸びやかなに描かれた作品

先日、金虎酒造さんのイベント、KCT2019完成イベント&アトリエ・エレマン・プレザンの佐久間さんのトークイベントに参加してきました。会場はイキイキと描かれた作品に囲まれた場。

色彩の豊かさ、そしてバランスのとれた色使いそして空間をうまく使っている。

作家が自分自身の感性で描かれた作品。1番大切にしたい「本来の自由」がキャンパスに表されている気がしている。

その作品を使った、金虎酒造さんの実験的な日本酒「KCT2019」2種類。

描かれたラベルの作品と日本酒の味わいのバランスが楽しめる。

新しいコトを産みだす。

新しいものを創り出す時、こうでなくてはならないや、当たり前。の枠から飛び出すこと、「自由」な発想こそが、ココロに響くものができるのだと私は思っています。 自由な時間を楽しむ。今私たちが大切にしたい時間なのかも。

私は作品を通して、新しいコトを創り出す楽しみを伝えていきたいと思っております。 そして、アートをモノではなくコトとして伝えていきます。

ただいま、マネージメント&企画サポートを受け付けております。まずは一緒にお話をしましょう!

投稿者プロフィール

heartwing
heartwing
『多様性を認め合うボーダレスな社会を創ります』

SDGs(持続可能開発目標)8.10.11

◎アートマネジメント事業~Wonder heart~
・アールブリュット(障がい者アート)作品販売・レンタル
・クリエイティブツール、空間演出、制作物への活用を推進
・SDGs・CSR・CSVを軸とした企画アート活用提案
・アトリエ運営
・Wonder heart gallery展開

◎スマイルコンサルタント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

しあわせを感じる日!